PLAT=「フラット、プレート」/ CHAMP=「フィールド」という意味の造語
「自分らしい空間を大切な人達とシェアする。」がコンセプト。
家のテーブルでカジュアルに彩ったスタイルを海や山へ、
ワイルドなキャンプ料理を家のテラスやガーデンへ、
ホームパーティーやキャンプというフィールドをボーダレスに楽しみたい。
何気ない日常に愛着が湧くものを側においてるだけで特別な空間になる。
カッコよく気取らない小物やツールをスタイリッシュに提案するブランド。

STORY

僕が憧れてたアウトドアスタイルをみせつけてくれたブライアン

週末になると「さぁ行くぞ!」
と、キッチンの戸棚から食器を取り出し、コンテナに詰め込む。
庭に無造作に置かれてるテーブルや折りたたみイスをステーションワゴンに載せる。

ランチボックスには奥さんにその朝に焼いてもらったパウンドケーキやサンドイッチ、フルーツが入っている。

さあ、出発だ。

山か?川?海なのかは走りながら、その時の気分で行き先は決まる。

その日は僕の話で盛りあがり、、、、その流れから目的地は海。

着いた先は、ローカルしかいない穴場。
車に常にのせていた釣り道具を取り出し
コンロやキッチンツール、テーブルセットをし、、
釣りに出かけた

そこから数時間。
奥さんとの思い出話。
仕事の話。
僕の話。
他愛のない、しかし、どこか心に残る話をしながら釣りをする。

思ったより、収穫はなかったが、釣った魚をさばき、
うちから持ってきた食材を手際よく調理してくれ・・・・
僕用にワイングラスが出てきた。

がんばれよ!
と、缶コーラを当てて来た。

かっこよかった。

いつも目にしてる家中のアイテムを持ち出し、
行き先も定まらないままに出発し、
着いた先で始まる彼の演出。

ちょっと、慣れない環境で戸惑っていた僕への気遣いが嬉しかった。

About

全く新しいホーロー食器

PLATCHAMPホーロー食器は純日本製でオリジナルの金型から起こし、特殊なガラス質の釉薬を高温で焼き付け加工された温かさと懐かしさを思わせる「スムースマットカラー」で他社にはない色合いにあります。

また、通常のホーロー食器は2コートで仕上げているところ、PLATCHAMPは3コート仕上げしており、グランドコートを職人が1枚1枚丁寧に「ディッピング(ドブ漬け)」で1コートした上に、カバーコートを2回、塗装工程ごとに高温で焼き上げる為、マットでありながらスムースな表面仕上がりになります。
PLATCHAMPは形つくる、塗る、焼き上げるという全工程を日本の職人が手を掛けて作り上げた独特の風合いを持つホーロー食器になります。

たどり着いたのは0.8mm

海外のホーロー食器は、厚さおよそ0.4mmのところを、PLATCHAMPは「0.8mmホーロー鋼板」と約2倍の厚さで作りました。その厚みへの拘りは、電子レンジでは使えませんが、オーブントースターなどで暖め直すこともでき、特にキャンプシーンで冷めた料理を再びバーベキューコンロや「直火」で温め直した際の温度が持続するからです。
また、風により食器が飛びにくいという効果もあります。

純日本製のこだわり

PLATCHAMPのホーロー食器は、「日本」の巧みな「技術」が盛り込まれたお皿です。

1枚1枚丁寧に作り、焼き上がりに個体差がある陶器のような焼き物でもあり本当に作りたい物・使いたい物・知って頂きたい物を提案いたします。

Photograph

View More